PROGRESS

[NEW BUILDING]
国見K様邸新築

屋根ルーフィング~SWパネル張り

国見町K様邸

約1か月ぶりの投稿になります(汗)今回は、

屋根ルーフィング貼り~SWパネル張りまで書いていこうと思います。

 

建方が終わるとすぐに屋根工事に入ります。下の写真はルーフィングを張っている所です

実は、屋根の防水はほぼこのルーフィングで保たれているので非常に大事な作業になります。

建方中に付けきらなかった金物の取付も完了しました。

柱と梁の接合部に見える黒いテープは、気密パッキンです。

外部との隙間を無くす為に外周部全ての柱、間柱に貼ります。

金物の取付位置が間違えていないかチェックが終わると防蟻材を散布していきます

外周の土台や柱に、GL(地面)から1mの位置まで散布します。

K様邸は、高気密・高断熱・高耐震構造のSW(スーパーウォール)工法です

断熱材とOSB合板が一体となっており、施工性にも優れています

内部はこのようになっております

柱と断熱材の隙間がぴっちりと塞がれておりますね!

ここから外壁や内部の工事が進んでいきます

次回は気密最終チェック~気密測定になります

  • 一覧へ