PROGRESS

[NEW BUILDING]
福島市野田町 H様邸新築

福島市野田町H様邸 基礎工事 配筋~基礎工事完了 

福島市野田町H様邸 今回は配筋~基礎工事完了までお伝えします。

防湿シートが貼り終わったら、捨てコンクリート(捨てコン)を外周部に流し込みます。捨てコンは、次工程(配筋など)の施工性向上(墨を出す、平にする等々)のために行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日置き、捨コンが固まったら型枠を設置し、配筋(鉄筋を組むこと)を行います

配筋は基礎の要となるこれまた重要な作業です。捨てコンに記された墨を頼りに、加工した鉄筋が組まれていきます。

 

 

 

 

 

 

配筋が終わると、日本住宅保証検査機構JIOの配筋検査が行われます。

土間コンクリートを打ってしまうと万が一不具合があった場合、容易には補修できない部分になるので

しっかりと時間をかけてチェックしてもらいます。

H様、一発合格です!!

無事検査が通ると土間コンクリートを打っていきます。

 

 

バイブレータを使い隅々までコンクリートを充填させ、表面を仕上げていきます。

 

 

土間コンクリート打設完了。この後適切な養生をし、生コンが固まるまで数日間置いておきます。

土間コンクリートが固まり、ホールダウンやアンカーボルトが設置されると、立ち上がり部分のコンクリートが打設されます。

土間コンクリート部分の時と同様、型枠の中にコンクリートが充填され、バイブレータによって締め固めが行われます。その後は基礎天端(立ち上がりの上端)部分を、水平にする作業が行われます。

土間コン打設時と同じく数日間養生し、固まったら型枠を外します。

最後に玄関土間の土間コン打設をし、基礎工事の完了となります。

次回はいよいよ木工事が始まります!!

  • 一覧へ