PROGRESS

[NEW BUILDING]
大森日ノ下分譲地No.1

外部の防水工事・通気下地

前回の記事で無事上棟致しましたので、まずは柱やその他構造材が雨にさらされないよう、

早々に建物をぐるっと透湿・防水シートと呼ばれるものでラッピングしていきます。 ↓ 外観はこんな感じになります

   ↑ 内観

写真の様にサッシが入れば、サッシ周りの防水処理をしていきます。

詳しく話すと長くなるのでここでは割愛しますが、(またの機会にでも更新いたしますm(_ _)m)

こちらは軽視されがちですが、もちろん順序ややり方を間違えずに行わないと期待する防水効果は得られません。

現場職人さんがしっかり確認しながらやってくれております。

次に透湿・防水シートの上に通気胴縁と呼ばれるものを取り付けていきます。

通気胴縁とは外壁材の下に通気層を設けるための材木になります。(外壁工法によっても異なりますが、一般的に外壁材を留める為にも使われます)

因みに通気層とは・・・万が一壁体内に雨水が侵入した場合に、こちらを通して排出すにる「防水」と室内や壁体内の湿気をこちらを通して外部に出す「排湿」こちら2つの役割を行う層になります。

通気胴縁が全て施工されました!

この状態でやっと外壁材が施工できるようになります\(^o^)/

本日はこのあたりで。それでは!!

  • 一覧へ