PROGRESS

[NEW BUILDING]
福島市野田町 H様邸新築

福島市野田町 H様邸木工事 上棟

前回のUPからだいぶ間が空いてしまいました汗

現場は順調に進んでおります!!今回は上棟の様子をお伝えいたします。

 

まずは1Fの柱、梁を手作業で入れていきます。

天候に恵まれ気持ちの良い青空が広がっています!!

柱・梁が組みあがると、仮筋を取り付けていきます。

仮筋とは”仮の筋かい”の略で、主に2つの役割があります。

1つ目は建物の歪みを無くす役割です。下の写真に写っている”下げ振り”を使い歪みが無いか確認します。

歪みがあるところは、屋おこしを使い直していきます(写真を撮り忘れました汗こんな奴です↓)

歪みが無くなると下げ振りの針が真ん中に来ます。このタイミングで柱と梁を仮筋で固定します。

2つ目は、揺れを無くす役割です。

上棟時では大工さんが梁に上がって作業します。仮筋を入れることによって、揺れが無くなり安全に作業ができるようになります。

仮筋は金物、床合板、構造用合板、本筋かいが取り付けられるまで外さずに付けておきます。結構邪魔になります笑

2Fの床合板を貼り、柱を入れ梁をクレーンで組んでいきます

小屋裏の断熱材です

建物の気密をよくするために断熱材の隙間に発泡ウレタンを吹付け、さらに気密テープで塞ぎます。

小屋組みの様子。上棟までまもなくです!

最後に屋根の下地となる野地合板を貼り、本日の作業は終了です。

祝上棟!!

次回はSWパネル張り・サッシ取付等をお伝えします。

 

 

 

  • 一覧へ