PROGRESS

[NEW BUILDING]
福島市野田町 H様邸新築

福島市 野田町H様邸 外部工事

福島市野田町 H様邸、屋根・外壁工事をお伝えします。

 

上棟が終わるとすぐにサッシ取付・屋根工事に入ります。

理由は建物内部に雨水を入らないようにするためです。

サッシは前回お伝えしたので今回は屋根工事から。

上棟が終わり大工さん達が帰る頃、板金屋さんが現場入りしました。

屋根の下地、野地板と言います

野地板の上に防水用のアスファルトルーフィングを貼ります。

この時雨水がルーフィングの中に入って行かない様、

継ぎ目の部分は必ず上からかぶせるのがポイント。

要は下から上に向かって貼っていくことになります。

これは防水に関する箇所すべてに共通するポイントです。

 

 

 

 

 

 

寸法を取り、屋根の板金加工に1週間程かかります。その間は天気との戦いです。

雨予報の時にはブルーシートで養生する場合もありますが、今回は晴れが続きセーフ。

屋根工事が終わり、ひとまず安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し時間を戻して、外壁の下地工事。

タイベックと書いてある白い紙は、透湿防水シート

透湿防水シートとは、水は通さず湿気を透すシートのことで、外壁仕上げの下に貼ります。

なぜ水は通さないのに湿気は通す必要があるのでしょうか?

水を通さない・・・外壁の中まで侵入してしまった雨水をブロックし、柱や構造用合板などの木材が腐るのを防ぐ

湿気は通す・・・室内で発生した湿気が外へ逃げられるようにし内部結露が起こるのを防ぐ

以上の点から、透湿防水シートはこのような性能を持つのです。

アスファルトルーフィング同様、継ぎ目の部分は上からかぶせる様に下から上に貼っていきます。

このかぶせの幅も決まっており、H様邸は窯業系サイディングを採用していますので

150mm以上かぶせています。

透湿防水シートが貼り終わると、通気胴縁が取り付けられます。

この通気胴縁に外壁が貼られるのですが、通気胴縁があることによって

透湿防水シートと外壁の間に通気層ができ、湿気を含んだ空気が排出されて

外壁内部での結露を防いでくれます。

サイディング施工の様子。顔を写さない事を条件に、ブログに上げる許可を頂きました笑

次回は内部工事~中間検査になります。

 

  • 一覧へ