PROGRESS

[NEW BUILDING]
福島市泉A様邸新築

基礎完成~土台敷き込み

最近は五輪のせいで寝不足が続いていませんか?( 一一)

因みに私は絶賛寝不足中です。

まだまだ暑い日が続きますので、こまめな水分補給を怠らず体調にはくれぐれも気を付けてください。

さて、前回記事では基礎のベース部分が完了したということで、その続きになります。

まず立上り部分の型枠を組んでいきます。

こちらが完成したら、ベース部と同じ要領でコンクリートを流し込んでいきます。

コンクリートを均し、高さやアンカーボルトの位置(土台といわれる材木と基礎を接合するために用いる)を確認しながら仕上げていきます。

この作業が終わると、養数日固まるのを待つと基礎の完成です。

丁度梅雨の時期の施工ということもあり、しっかり養生もしていきます。

基礎の完成 ↓ ↓

こちらの住宅では気密性及び断熱性の観点から基礎断熱を採用している為、気密パッキンといわれる基礎の中に空気を入れないパッキンを基礎の天端全てに圧着していきます。

https://esthome.jp/progress/2013/ ←こちらの記事にて【基礎パッキン】について詳しく説明しております。

↑ ↑ これが気密パッキンです。スポンジの様な素材で土台を敷き込むことで圧縮され、外部から空気が入らない仕様になっております。

 

本日は基礎完成から土台工事まででした。

次回は建て方の様子をアップ致します。それでは。

  • 一覧へ