PROGRESS

[NEW BUILDING]
伊達市O様邸 新築

伊達市O様邸 木工事

伊達市O様邸 新築工事 今回から木工事の様子をお伝えします。

 

土台敷き込み

下の写真は土台のアンカーボルトが入る位置に穴をあけている所です。

アンカーボルトとは基礎に埋め込んであるボルトの事で、構造と基礎をつなぐ重要な部分です。

このボルトで基礎と土台をつないでいきます。

埋め込み位置は柱から20cm以内にアンカーボルトがくるようにしています。

地震の時、引き抜き力が働く柱の近くにアンカーボルトが無ければ意味がありません。

すべてのアンカーボルトの位置に穴をあけたら、基礎パッキンを敷き、土台を組んでいきます。

90cmピッチで鋼製の束を入れ、土台組の完了です。

土台組が終わると断熱材を入れ、フローリングの下地となる厚合板を張り、建方の準備完了です。

次回は建方の様子をお伝えします。

  • 一覧へ