PROGRESS

[NEW BUILDING]
福島市泉A様邸新築

気密測定の結果・・・ ※なぜ高気密住宅を目指すのか?も語っております。時間があれば是非読んで下さい。

さて今日は上棟した後の工事の様子とタイトル通り気密測定の結果を更新していきます。

まずは「祝上棟」ということで、大工とお施主様の顔合わせ程度の上棟式をさせていただきました。

 

そして、サッシ施工やその他開口部の気密処理及び断熱材の施工が完了すれば気密測定を行います。

弊社では家の性能を保証するため、SW工法で建てられた住宅全てで「気密測定」を実施させて頂いております。

読んで字のごとく、気密性を測るということです。

ではなぜ、気密性を測る必要があるのか?

それは、高気密住宅でしか得られない様々なメリットがあるからです。

現在、日本の基準法ではUA値といわれる断熱性能の数値基準は設けられているのに対し、C値(気密性を表す数値)に関してはそれがありません。

良く考えてください。断熱性能をいくら高めようと隙間だらけの家。果たして本当に暖かいでしょうか?

人間に例えるなら、穴だらけのダウンジャケットを着ているような状態です。それで冬を乗り越えられそうでしょうか?

では高気密住宅(C値は数値が、少ない方が隙間が少ない家になります)のメリットとは?

説明していきます!


①断熱性能をしっかり発揮させる

まずは先ほど申し上げた通り、家の断熱性能をしっかり発揮できる点。


②省エネルギーかつ快適な室内温度を保つ

暖かい空気は上へ、冷たい空気は部屋の下へ溜まるという性質があります。

気密性の低い家では、暖房をつけても暖かい空気が屋根の隙間から外に漏れ、漏れた分だけ床下の冷たい空気が家の中へ入ってきてしまいます。

夏も同様で、暖かい外気が隙間から入ってきてしまい、エアコンをガンガンに回してもなかなか冷房が効きにくくなってしまいます。エアコンも設定温度に中々達しない為、必要以上のエネルギー使います。

光熱費が高くなるのは想像がつきますよね?快適性と省エネの面から考えても隙間は少ない方がいいというわけです!


③壁内環境を整える

新築時に施工した断熱材が永久的にその性能を保てるか?答えは残念ながら「いいえ」です。

もちろん年月が経つごとにモノは劣化していきます。ではこと断熱材において劣化の大きな原因とはなにか。それは「壁内結露」です。

家に隙間があればそこから水分を多く含んだ空気が侵入します。そして断熱材が入った壁内を動き、やがて壁の中の結露を引き起こします。

そこからカビが生えてしまい、断熱材を腐らし、大事な柱までも腐らす場合があります。

長く住まえる家にする為にも、高気密住宅というのは大事になっていきます!

因みに弊社では、気密性・断熱材自体に自信があるからこそ【35年無結露保障】を付けさせていただいております。


④換気の効率を上げる

人が生活する上で、汚染された空気はどうしても溜まっていきます。

今の住宅では、「2時間に1回室内の空気が入れ替わるように計画しなさい」というのが決まっております。

隙間が大きい家では計算通りに換気が行われないということは想像に容易いかと。

最近ではコロナ渦において定期的に換気を行いましょうということをニュース等で何度も耳にしたことかと思います。

弊社では、第一種ダクト式換気システムを導入しており、換気ユニットを経由することで室内と室外の温度を交換しながら、ダクトを通り空気の入れ替えを計画的に行うという方法を採用しております。

この方法でより効率の良い換気を実現しております。

補足:第一種換気とは-給気(室内に空気を入れる事)、排気(室内から空気を排出すること)共に換気ファンにて行うことを指す。


他にもアレルギー体質が改善されたりとメリットはまだまだありますが、長くなってしまいそうなので又の機会に。

あっそうそう大事な気密測定の結果でしたね・・・

【C値0.08】という結果でした!前述で述べた通り気密性はC値という値で表されます。

数値だけ言われても、実際どうやねん!というツッコミが聞こえてきそうですけど( 一一)

実際の隙間の面積で言うのであれば、まずこの住宅は吹抜けも合わせた実質延べ床面積というものが116㎡(35坪)程あります。

そしてこの家の隙間を全て合わせて、4cm角程の隙間しかないということになります。

これでも本当にそれがすごいことか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そういう方は今の住宅がどれぐらいのC値なのかインターネットで調べてみれば実感して頂けると思います!

 

想像してたより長くなってしまいましたので、今日はこの辺で。

それでは(^^)/

 

  • 一覧へ